結婚式で歌ってあげたいウエディングソング♪  結婚式で歌って欲しいウエディングソング♪

ウエディングソング【結婚式BGM・ランキング】では結婚式にピッタリのウエディングソングが見つかります


スポンサードリンク

随時更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
スポンサー広告ウエディングソング【結婚式BGM・ランキング】TOP↑

恋愛映画の名曲を結婚式のBGMに

恋愛映画の名曲を結婚式のBGMに・・
もう気分は映画のヒロイン!!




ラブ・シネマ -ムービーヒッツ-

DISC 1は コチラからどうぞ コチラ


 TRACK LIST  DISC2

1.  ライチャス・ブラザース 「アンチェインド・メロディ」
 『ゴースト ニューヨークの幻 』主題歌
デミ・ムーアが主演し大ヒットした、いまや恋愛映画の古典とも言えるファンタステッィクなラヴ・ストーリー。主題歌に選ばれたこのライチャス・ブラザースの65年のヒット曲は、まるでこの映画のために書き下ろされたかと錯覚するほどのハマリ具合。



2.  トリーシャ・イヤウッド「ハゥ・ドゥ・アイ・リヴ」
 『コン・エアー』主題歌
ニコラス・ケイジ、ジョン・マルコヴィッチが主演したアクション大作『コン・エアー』で主題歌に選ばれた壮大なラヴ・バラード。トリーシャ・イヤウッドが歌うこの曲はアカデミー賞の主題歌賞にノミネートされるなど話題を呼び、日本でも大ヒットとなった。




3.  ブライアン・アダムス「リアリー・ラウド・ア・ウーマン」
 『ドンファン』主題歌
スペインの伝説上の色男を現代に蘇らせたロマンティック巨編『ドンファン』。若きジョニー・デップと名優マーロン・ブランドの競演も話題に。全米1位の主題歌は、スパニッシュなアレンジをほどこしながらもブライアン節炸裂の珠玉のラヴ・バラード。




4.  エイミー・マン&マイケル・ペン「トゥ・オブ・アス」
 『I am Sam/アイ・アム・サム』主題歌
父娘の絆を感動的に描き日本でも大ヒット。父親役を演じたショーン・ペンはこの映画でアカデミー主演男優賞にもノミネートされた。感動的なストーリーもさることながら全編にわたりビートルズのカヴァー曲が使用され映画とともにサントラ盤も大ヒットした。




5.  リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ「ステイ」
 『リアリティ・バイツ』主題歌
ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク主演の青春ドラマ『リアリティ・バイツ』の主題歌として、当時まったく無名だったリサ・ローブの清々しいこの曲が抜擢されなんと全米1位に輝いた。リサ・ローブはこの一曲で一躍メジャー・シーンに躍り出ることに。




6.  ヴァネッサ・カールトン 「サウザンド・マイルズ」
 『メイド・イン・マンハッタン』TVCF曲
ジェニファー・ロペスが主演、タイトル通りメイドとして働きながら大統領候補の男性と出会い結ばれるというシンデレラ・ストーリーで大ヒット。日本でTVCFに使われたのは前年鮮烈なデビューを果たしたヴァネッサ・カールトンの清々しいデビュー曲(全米5位)。




7.  リアン・ライムス 「ウィー・キャン」
 『キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX』主題歌
リーズ・ウィザースプーン主演の人気ラヴ・コメディ・シリーズの第2弾。ここで主題歌に起用されたのは、デビュー作でいきなりグラミー賞2部門に輝いた若手実力派カントリー・シンガー、リアン・ライムス。彼女は他に『コヨーテ・アグリー』のサントラにも参加。




8.  スウォール360 「キャンディ・イン・ザ・サン」
 『25年目のキス』TVCF曲
20代のヒロインがひょんなことから高校生に成りすまして巻き起こすドタバタをスピーディーに描く、ドリュー・バリモア製作総指揮・主演のアメリカン・ラヴ・コメディ。映画の雰囲気をなぞるこの曲を歌うのは前年デビューをしたばかりのスウォール360。




9.  アバ 「ダンシング・クイーン」
 『ミュリエルの結婚』主題歌
トニ・コレット演じる主人公が、このアバの「ダンシング・クイーン」に描かれたヒロイン像にあこがれて結婚を目指すというストーリー。「ダンシング・クイーン」以外にもおなじみのアバの名曲が全編にわたってフィーチャーされた。




10.  スザンヌ・ヴェガ 「キャラメル」
 『好きと言えなくて』挿入曲
ユマ・サーマン主演、『ハドソン・ホーク』のマイケル・リーマンが監督。同じ男を好きになったふたりの女性の恋の行方をポップに描いたロマンティック・コメディ。スザンヌ・ヴェガのけだるく官能的なこの曲は映画にぴったりマッチしていた。




11.  ビューティフル・サウス 「ドリーム・ア・リトル・ドリーム」 
 『フレンチ・キス』主題歌
大ヒット作『ボディガード』でおなじみのローレンス・カスダンが監督、メグ・ライアンとケヴィン・クラインが共演した話題のロマンティック・コメディ。主題歌として起用されたのはビューティフル・サウスの歌うスタンダード・ナンバー。




12.  マイケル・ブーブレ&ホリー・パーマー 「ダウン・ウィズ・ラヴ」
 『恋は邪魔者』主題歌
レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが共演したロマンティック・コメディ。映画のモチーフにもなっているジュディ・ガーランドの有名曲をカヴァーしたのは、昨年鳴り物入りでデビューしたジャズ界の新星マイケル・ブーブレと、ベテランのホリー・パーマー。




13.  シャーリーン
「愛はかげろうのように」~『恋愛適齢期』TVCF曲
ジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの両ベテランにキアヌ・リーブスも加わり、大人の恋愛模様を描く『恋愛適齢期』。日本で映画のTVCFに使われたおなじみのこの曲は、82年に全米3位に輝いたシャーリーンの永遠のラヴ・ソング。




14.  エルトン・ジョン 「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」
 『奇跡の海』挿入曲
ビョークを主演にすえた『ダンサー・イン・ザ・ダーク』も大きな話題を呼んだラース・フォース・トリアー監督のカンヌ審査員特別グランプリ受賞作品。映画で効果的に使われる音楽のなかでひときわエルトン・ジョンのこの名曲は深い叙情を残す。




15.  カエターノ・ヴェローゾ 「ククルクク・パロマ」
 『トーク・トゥ・ハー』挿入曲
スペインのペドロ・アルモドバル監督に請われて、カエターノ本人が出演して歌ったのがこの曲。フランスでは映画を見たほとんどの人がサントラ盤を買ったというほどの大ヒットとなった。この曲はまたウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』でも使われた




16.  ジェヴェッタ・スティール  「コーリング・ユー」
 『バグダッド・カフェ』主題歌
パーシー・アドロンが監督し世界的に大ヒットした『バグダッド・カフェ』。乾いた砂漠の風景に不思議とマッチしたあまりに美しい不朽の名曲「コーリング・ユー」。作曲を手掛けたボブ・テルソンは米アカデミーの主題歌賞にもノミネートされた。




17.  ビー・ジーズ 「愛はきらめきの中に」
 『サタデー・ナイト・フィーバー』挿入曲
今秋リバイバル公開されるジョン・トラボルタ主演の歴史的名作『サタデー・ナイト・フィーバー』。ディスコ・ブームに乗り当時空前の大ヒットとなったこの映画のために書き下ろしたビー・ジーズ・ナンバーのなかに、この究極のラヴ・ソングがあった。




18.  エンニオ・モリコーネ「ニュー・シネマ・パラダイス」
 『ニュー・シネマ・パラダイス』メインテーマ
ジュゼッペ・トルナトーレ監督による89年アカデミー外国語映画賞作品。映画技師アルフレードと映画好きの少年トトの心温まる交流を描き、世界中を感動を包んだ名作。映画の随所で流れるこの名曲が、映画の感動をより深いものにしている。



スポンサードリンク
ウエディングソング【サントラ】ウエディングソング【結婚式BGM・ランキング】TOP↑
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。