結婚式で歌ってあげたいウエディングソング♪  結婚式で歌って欲しいウエディングソング♪

ウエディングソング【結婚式BGM・ランキング】では結婚式にピッタリのウエディングソングが見つかります


スポンサードリンク

随時更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
スポンサー広告ウエディングソング【結婚式BGM・ランキング】TOP↑

結婚式ウケ狙いで歌おう 森高千里 私がオバさんになっても【動画・試聴】

結婚式でよく歌われる 森高千里 私がオバさんになっても です

新婦の仲良しグループで歌うとウケ狙いでいいかもですw



森高千里森高千里『私がオバさんになっても(UGAカラオケ楽曲)』



森高千里
(もりたか ちさと、本名:江口 千里、旧姓:森高 1969年4月11日 - )は、歌手・ドラマー・作曲家・作詞家。血液型O型。熊本市立花園小学校、熊本市立京陵中学校、堀越高校卒業。大阪府生まれ、熊本市育ち。アップフロントエージェンシー所属。

1986年、大塚製薬・ポカリスエットのCMのヒロインのオーディションに合格、芸能界デビュー。このポカリスエットのCMでは糸井重里と共演し、話題となった。

デビュー曲『NEW SEASON』は、東宝映画『あいつに恋して』の主題歌。パーカッションを叩きながら歌うというスタイルは当時ヒットしていた「プリンス」ファミリーのシーラ・E(SHEILA E.)を真似たものと思われた。歌手デビュー直後はTVのバラエティ番組で着ぐるみをかぶったり、作詞家の作った歌と自分の性格が合わなかったり等、芸能活動に疑問を感じたという事だが、初めてのライブで音楽の楽しさを知って以降は音楽活動に専念。

初めての作詞は、セカンドアルバム『ミーハー』に収録されたタイトル曲『ミーハー』。以後、ほとんど全ての曲の作詞を手がけるようになる。 そうした中、シングル『17才』(南沙織のヒット曲のカバー)が大ヒット。ミニスカートから、森高の代名詞ともいうべき美脚を披露し、総スパンコールでヴィヴィドな衣装と振付で世の男をノックアウトした。そして当時の若者や中年の間では“森高の足を舐めたい”症候群的なものが蔓延し社会現象となった。 曲のイメージとはまったく関連性のない浮世離れしたこの衣装は、今や定着した感のあるコスプレの第1号とも言える。一方、作詞の面でも注目されはじめ、その独特な詞の世界と相まって、森高ブランドの確立に成功する。

1995年8月に泉谷しげるが呼びかけた阪神・淡路大震災救済イベントでの共演が縁となり、歌手でもある俳優江口洋介と交際、1999年にできちゃった結婚。2000年、2003年に出産し、現在は1男1女の母である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサードリンク
結婚式の歌 【グループ】ウエディングソング【結婚式BGM・ランキング】TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。